中年オヤジでも若くて笑顔の素敵な女性と結婚できる!

なんとなく国際結婚に興味を持ったのをキッカケに
タイ・ミャンマー・フィリピン・中国の女性と国際結婚する方法について調べてみたんです。

その結果、個人的にはタイ人女性との結婚が最強なことに気づきました。

事実、年間に約900組もタイ人女性と日本人男性の国際結婚が成立しています。
しかも日本人男性の年齢は40~60代の方が中心です。

詳しいデータは以下へ

ここがタイ女性との国際結婚の最強ポイント

まずタイ人女性の性格です。

結婚するということは相手女性とずっと一緒にいることになります。
見た目が可愛いだけという理由で一緒になっても長続きしないことはお分かりだと思います。

ときどき中年のクセにとにかく美人ならOKなんて人もいますが
そんな考えだと結婚してもすぐに離婚を迎えちゃいます。
もっと大事なことがあるはずです。
「とにかく見た目が可愛くて若ければOK」なんて考えていると、国際結婚してもあっという間に離婚へまっしぐらです。他に重要視すべきポイントがあるだろってことです。

 

結婚でもっとも大事なことは性格です。

 

「優しい、思いやりがある、家族想い、根が真面目」

 

こういった女性を奥さんとして迎えれば結婚生活は充実して楽しいものになることでしょう。
間違っても見た目だけ可愛くって性格が最悪な女性をお嫁さんにしちゃダメです。

 

その点からいうと、タイ人の女性は性格美人さんが多いんです。

 

実際にタイ女性6人とお見合いして感じたことなんだけど
タイの女性って優い性格の人が多く、人柄が抜群に良いです。

 

日本人男性の性格にピッタリです。

タイ人女性は家族を大切にする

そもそもタイという国の文化として家族を思いやる気持ちが強いです。だからタイの女性はめちゃくちゃ家族を大切にします。お互いが助けあう精神のため、女性ご自身の家族を大切にするのはもちろんですが、旦那さんとなった人の家族も大切にしてくれます。

だから、親との同居も比較的すんなり受け入れてるくれるタイ人女性が少なくありません。

今の日本では結婚後に旦那の親と同居することを前提に結婚してくれる女性は少ないです。

タイ人女性との国際結婚なら
タイ人女性なら同居前提にお見合い・婚約することも可能性として大いにアリなんです。
お見合いしたいタイ人女性をピックアップする時点で、親と同居してくれることを条件にすることも可能です。タイ人女性との国際結婚お見合いなら、そんな夢のようなお見合いを実現することができるのです。

とはいえ、条件次第なのであなたの条件を考慮してお見合い打診してみましょう!
無謀すぎる条件をタイの女性へ求めても空振りしちゃうこともありえるので注意が必要です。

じゃあ、どんな条件の日本人男性がタイ人女性に好まれる!?

◎包容力がある
◎笑顔が素敵な男性
◎清潔感のある男性
◎経済力のある男性

こんな感じの男性がタイ人女性から好まれます。
本来の婚活で最大のポイントとなる「経済力」は、日本での婚活と比べて断然ハードルが低いです。

そのことは別の項でご説明します。

こんな人にはビンゴ
農家で跡継ぎが欲しい40歳以上の男性や、地方在住で安定した職業に就いているけど、良いお嫁さんが見つからないと嘆いてる人にはタイ国際結婚は相当可能性に満ちた選択となります。自分の親と同居したいと考える男性もいるはずです。タイの女性は家族を大切にする文化があるため最初から同居前提にお見合いすることもできちゃうんです。

なんでタイ人女性は日本人男性と結婚したいのか!?

そもそもタイ女性との国際結婚で疑問に思ってたことなんだけど
なんでタイ人女性は日本人男性と一緒になりたいと考えるのか?という点です。

 

きっと、多くの男性は「お金だろ!」そう思うことでしょう。

ある意味この考えは正解です。

 

タイは発展目覚しいですが、まだまだ一般庶民の生活は裕福とは言えません。

日本という国は経済力があり、タイの女性からすると憧れであることは間違いなく
日本人と結婚すれば経済的に恵まれると思っていることは否定しません。

 

でも、その考えって普通じゃないでしょうか!?

 

なんか、タイの女性と国際結婚=お金目的でダメだと結論付けている自分がいたんですが
考えてみると、日本の女性だって男性に経済力を求めています。

 

これまで結婚相談所に払ったお金はドブに捨てたようなものでした。

 

だって、3年間ほど結婚相談所に所属していましたが、結局婚約まで至ることはなく、ある意味成果は0です。

入会アリキな婚活
日本の結婚相談所は入会アリキなスタイルです。最初に入会金・登録料など発生し、活動するために毎月会費を払います。1年間で20万~30万円が相場です。これは活動費なので成婚できなくてもかかってくるお金です。

 

主な理由は「年齢とお金」です。

まぁ、ある程度は覚悟していましたが見事にこの2つがネックとなり、婚活は苦戦続きでした。

そこそこの年収だと年齢的に無理

 

日本人女性との婚活を考えていたときに痛感したことは
年齢がある程度いっちゃってると、そこそこの年収では相手にしてくれないという現実です。

 

日本の結婚相談所で婚活すると厳しい現実が待ってる

MEMO

男性の年齢が40歳以上になると結婚相談所で婚活しても成婚率は極端に下がると言われています。
40代・50代の男性で年収が400万円~600万円程度だとします。
その条件で年下女性(30歳前後)を希望するととっても厳しい婚活が待っています。

自分の年収が同世代と比較して多いとは言えない年収だと、日本の若い女性は見向きもしてくれません。

 

そもそも結婚相談所へ登録している人がこういった条件重視な傾向にあるだけなのかもしれませんが、
とにかくプロフィール(年収など条件面)を見ただけでNG出されちゃうことがほとんです。

 

このことから、年齢とお金がネックになっていたことは間違いないんです。

 

そうやって考えるとタイ人女性が日本人男性と結婚する理由のひとつに、
「お金・経済力があるから」という理由にしているのは全く不思議なことではなく、
女性として当たり前の考えなんだと思うのです。

 

では、「なぜタイ人の女性と国際結婚することが最強なんだ」ということですが、それは以下の理由です。

 

タイの若い女性なら求める基準が低い!?

タイ国際結婚を選ぶことで年齢が高くてもそこそこの年収ならOKとなるんです。

 

日本の結婚相談所へ登録していたときには見向きもされなかった条件(年齢と年収)でしたが、タイの女性は日本人男性へ求める基準が日本人女性と比較すると明らかに低いです。そもそもタイの女性は年上男性との結婚に抵抗が少ないというのが大前提としてあります。その理由はタイの同年代の男性は頼りないなど、色々あるようです。もちろん、すべての女性が年上男性と結婚したいと思ってるわけではなく、一部の人だけのようですが。

 

具体的にいくらならOKか!?

あくまで目安となりますが年収400万以上ならOKです。

さすがにフリーターとか無職の人はタイ女性との結婚も無理です。
そもそも無職なら婚活する前に就職活動すべきです。

 

注意!
タイの女性は家族も知人もいない日本へ結婚に来るわけですから
最初の1年は不安ばかりな毎日を過ごすことになります。

せめて日本で暮らしていて生活に困らない程度のお金がなくちゃ、せっかく日本人と結婚して幸せになるつもりだったのに、ガッカリしちゃいます。もしも借金があるとか、年収が極端に低くて結婚しても貧しい生活をさせちゃうことが予想されるなら、国際結婚に挑戦するのは止めておきましょう。

 

こういった点から考えて最低で400万円の年収となります。

 

もっと高い年収なら質の高いタイ人女性とお見合いすることに希望を持てます。

 

プラスアルファの条件あれば年金暮らしでも婚活できちゃう

タイ女性との結婚なら、年金暮らしの60代男性でも結婚することが可能だそうです。

ただし、一般的な資産状況では無理です。

 

持ち家でローン無し、その他資産があって生活に困らない状況なら
60代男性でも30~40代の若いタイ人の女性と結婚することは十分可能です。

老後を1人で寂しく暮らすのは嫌だと思ってる男性が日本人女性と結婚しようと思えば相当に厳しい婚活が待ち構えていることは容易に想像できちゃいます。

 

いっぽう、タイ女性との婚活なら60代の男性でもやる価値十分にあります。
そこそこのお金があって見た目が若々しく元気なら、30代の女性と結婚できます。

60代以上の男性が本当にタイの女性と結婚しようと考えるなら、若作りしてお見合いへ挑むべきです。見た目が元気そうで若く見られないとさすがにお見合いが上手く行くとは思えません。なんせ2~30歳も年下の女性なんだから、気持ちも見た目も若くしなくちゃダメですね。

参考までにお見合い打診してみる


「本当に60代でもタイ女性が真剣な気持ちで自分とお見合いしてくれるのか!?」

そんな不安な気持ちになることは十分理解できます。それなら一度お見合い打診してみると良いでしょう。打診には費用はかかりませんので、自分のプロフィールを作成し、国際結婚相談所を通じてお見合い打診してみるのが良いでしょう。

打診結果を受けて、実際にお見合いのためにタイへ渡航するか、やめるべきか決めることができます。

お見合い打診はタイ人女性プロフィール写真一覧

タイ人女性写真

タイ人女性会員一覧から気になる女性を5人~10人くらいピックアップし、その方たちへ自分とのお見合い可否を打診することになります。

 

お見合い打診結果には1週間程度かかります。

ちなみに、イザお見合い打診して気になる女性からお見合いOKの返事をもらえると、一気にテンションが上がるものです。だって、60代なのに30代の女性が本気でお見合いしても良いという返事をもらえるんです。これがタイ国際結婚の最大の魅力です。

タイの女性は高望みしません

日本人の女性からしたら魅力ない男性かもしれないけど、タイの女性からしたら結婚してもOKと思える条件になっちゃうんです!

このギャップがあるから、日本人女性にモテない中年の男性にとって、タイ国際結婚は最強なんです!

しかもタイの女性は年上男性との結婚に抵抗ない女性が多いらしく、20歳以上も年が離れた男性と結婚することも問題ないと考えてくれます。

 

つまり、40~50代の一般的な年収の人であれば、20歳近くも離れた年下の若くて綺麗な女性をお嫁さんに迎えることができちゃうということです。

 

「日本人女性」「タイ人女性」の婚活を比べた違い

まず結婚相談所が違ってきます。

日本の大手結婚相談所は国際結婚を扱ってないため、国際結婚業者を利用する必要があります。
タイ人女性との国際結婚だけを扱ってる相談所もありますし、中国や日本人女性との婚活をサポートしてるところもあります。

 

タイ人のみに絞って婚活するより、日本人女性や中国女性など、国籍よりも人格重視(相性重視)で婚活するのがおすすめです。

 

どんな結婚相談所を使うべきか!?

国際結婚ということで結婚相談所には大手らしきところはありません。
言い方は悪いですがどこの結婚相談所も小規模経営なところばっかりです。

結婚相談所選びによって成果は大きく左右します。

というのも、国内婚活と違い、相手探しは結婚相談所へ相当依存します。

 

最近国内の結婚相談所へ登録して婚活していた人がイメージするような、
「スマホ使って良さそうな相手探してお見合いを申込みする」という流れの婚活ではありません。

タイの女性と国際結婚の流れは、希望条件を結婚相談所へ伝えて良さそうな人をピックアップしてもらうという流れになります。お相手へもこちらの写真・プロフィールを伝えてお見合いしてみたい人に手を上げてもらうという流れになります。

 

つまり、お見合い相手を色々選べるというわけではなく、女性側から立候補してもらう方式になります。こうなるとどんな女性を抱えているかが重要になってきます。

また、できることなら国際結婚だけでなく国内婚活への希望を持ちつつ、国際結婚婚活も並行して進めてみて、「結婚したいと思える人を探したいたい」という意見があると思うんです。

 

だったら「国内婚活・国際結婚婚活」の両方に対応している結婚相談所を使うのがBESTです。

 

ステップ1
タイ人女性へお見合い打診
タイ人女性プロフィール一覧から気になる女性をピックアップし、自分のプロフィールを作ってお見合い希望の打診をかける
ステップ2
お見合いの日程調整
お見合い打診の結果で気になる人からOKもらえたらお見合い日程調整します。日程は金曜出発で月曜の朝に日本へ帰ってくるスケジュールでお見合いのためにタイ・バンコクへ行くことになります。
ステップ3
タイ人女性とお見合い
事前のお見合い打診でOKしてくれた女性3~7人とお見合いします。双方ともOKとなればそのままデートします
ステップ4
デート~婚約
翌日も1日デートしてお互いの意志が固まれば婚約という流れになります。
 

 

成果主義な婚活ができる

日本で婚活すれば入会~活動するだけでそれなりのお金が発生します。
1年間活動すれば30万円前後の婚活費用が相場です。

 

年齢が若ければ成婚率もそれなりにありますが、40代以上の男性が結婚相談所へ入会して婚活しても成婚できる可能性は10%未満と言われています。

仮に1年間活動して成果ゼロだったとしても結婚相談所費用は戻ってきません。

 

いっぽう、国際結婚なら成果主義が基本のため成婚できなければ結婚相談所に払う費用は少ないです。
ただし、お見合いすれば渡航費用などかかってきますし、結婚が決まれば100万以上の成婚料が発生します。

 

高い成婚料をどう考えるべきか

タイ国際結婚は成婚したときに100万以上の成婚料がかかります。
日本の結婚相談所なら年間活動して成婚できれば30万前後が相場です。

比較するとめちゃくちゃ高額な成婚料です。

 

国際結婚ということでビザ申請が必要であったり、結婚後にフォローが必要になるためその費用も含めた金額が国際結婚費用です。

 

高いからヤメルという選択もアリだと思います。

でも、幸せな結婚を手にするためにそれなりの出費を惜しんでいては、結婚は遠のくだけです。

日本で婚活しても良い人に巡り会えない現実を考えれば、高額な成婚料がかかっても、結婚したいと思える女性と出会えれば幸せなんじゃないでしょうか。

 

MEMO
仮にお見合いして「この人と結婚したい!」そんな強い気持ちになれなければ国際結婚自体をヤメれば良いでしょう。

 

まとめ タイ国際結婚が最強な理由

◎40代・50代・60代の男性が年下女性と結婚できる
◎高年収など特別な条件がなくても良いと思える女性とお見合い・結婚できる
◎成婚主義なので無駄な結婚相談所費用と婚約までの時間を節約できる

 

デメリットといえば、

×国際結婚相談所費用が高い(100万以上かかる)
×国際結婚なので言葉の問題がある
×タイ女性と御見合いするためにバンコクまで渡航しなくちゃならない
×国際結婚ということで離婚率が高い傾向にある
×文化・習慣の違いから結婚生活で戸惑いがある

こんな感じでしょうか。

 

費用はガッツリ高額かかってくるため本気で年下女性と結婚したい気持ちが強くないなら国際結婚は諦めるべきです。

言葉の壁に関してですが自分より一回り以上も年下の女性と結婚することになるため、言葉を覚える能力も高いですし今や瞬時に翻訳してくれる機械なんかもあるため、最初の1年くらいが問題になるだけです。

 

デメリットを解決する方法

すべてを解決することはできませんが、国際結婚ならではのデメリットを少しでも和らげる方法はあります。

まず、費用面についてですが、これはどうすることもできません。

結婚相談所費用を値切ることなんてできませんし、安い国際結婚相談所を探すことは可能ですが、安くてもサポートがちゃんとしていて、きちんとした女性を紹介してくれるなら問題ありませんが、なかなか簡単なことではありません。

 

逆に、結婚相談所費用をケチったために、国際結婚してもすぐに離婚してしまっては本末転倒です。

 

言葉の壁は日本語学校へ

言葉に関しては日本語学校へ通ってもらることで随分と解決できることでしょう。
費用はかかってしまいますが、これから結婚する相手との暮らしがはじまるわけですから、この費用をケチることはナンセンスでしょう。婚約したらすぐにタイ現地にある日本語学校へ日本人男性の出費で通ってもらいます。婚約しても日本に来日するまでは半年前後かかるため、その間に簡単な日本語は覚えてもらいます。

 

結婚後の文化の違いや生活スタイルの違い

やはり国際結婚ということで離婚率は日本人同士の離婚率と比べると高いです。
しかし、国際結婚カップル全員が離婚するなんてことは全然ありませんし、むしろ国際結婚カップルで幸せな家庭を築いてる人が多数います。
その違いは、相手を思いやる気持ちです。

また、結婚生活スターとしてから最初の半年が最大の壁になります。
その間に様々なトラブルが生じるため、そこを乗り切ることができれば、第一関門突破です。

そのためにも国際結婚相談所のサポートが不可欠です。

きちんとした国際結婚相談所を使っておけば、結婚後のフォローも受けられるため、経験豊富なアドバイザーへ相談して離婚危機を乗り越えましょう!そうすれば後は本人同士の相性となってくるため、そこから先の結婚生活は国際結婚ならではの危機というより、本人同士の努力になってきます。