タイ女性と国際結婚する場合にかかる費用

タイ人女性との国際結婚を考えたときにネックとなることの1つがお金です。
最良の妻を迎えるためにはそれなりの金銭的負担が強いられます。

 

具体的にいくらかかるのか調べてみました。

結婚相談所へ払う費用が大

タイ国際結婚を考えたときい国際結婚相談所を利用します。

何かしらの出会いがあってタイ人女性と結婚したいと考えてる人も少なからずいますが
その場合は結婚相談所へ払う費用は不要となります。

タイ国際結婚相談所費用の相場

100万~150万

 

かなりの高額な費用となります。
これだけのお金を払って妻を探してもらうことになります。

 

ちなみに、この費用ですが国際結婚お見合いが成立した後に払います。
お見合い前にかかる費用はお見合いのためのコーディネート費用や現地までの渡航費用のみです。

 

くれぐれもお見合いする前に大金を払うなんてことはないはずです。国際結婚相談所へ前金として成婚料などを払うシステムになってるなら注意しましょう!

 

 

参考)日本の結婚相談所の相場は30万円前後

このことからもわかるように国際結婚相談所はべらぼうに高いです。
国内の結婚相談所と比べると3倍~5倍です。

ただ、国内の結婚相談所だと婚活自体にお金が発生します。
成婚の有無に関係なく費用が発生するのが一般的です。
さらに、成婚費がかかる結婚相談所もあります。

しかし、国際結婚の場合は成婚アリキの費用になっています。
もちろん、お見合いのためにタイ現地へ行くとなれば
お見合いサポート費用がかかりますが、基本的には成婚料として払うことになります。

つまり、理想の奥さんを見つかった場合の費用になるので
国内の結婚相談所へ登録して1年間活動したけど成果が0で30万円払うより納得度はあるのかもしれません。

国際結婚相談所費用に含まれるもの(国際結婚相談所によって異なります)

◎婚活コーディネート
◎タイ現地でのお見合いサポート費用
◎婚約した女性を来日するための手続き全般
◎女性来日後のサポート費用
◎ビザ手続きに関する費用

こういったものが国際結婚相談所費用に含まれます。

 

日本人同士の結婚と違い、タイ人女性が来日するために手続きが必要のため
こういったサポートが含まれているから、費用が高くなるということです。

国際結婚相談所費用に含まれないもの

◎往復の航空券(10万円以内)
◎婚約時の結納品(10万円~30万円くらい)
◎結婚式にかかる費用(規模により異なるが10万円~30万円くらい)

主にかかってくる費用はこういった感じでしょうか。

 

婚約時の結納品、結婚式費用は女性と一緒に決めることになるため
両者の意思によって金額は上下しますが、お見合いの段階でなんとなく
希望を聞いておくのが良いでしょう。

国際結婚相談所の担当者がサポートしてくれるため、
高額にならないように依頼しておけば上手に手配してくれるはずです。

 

タイ人女性と国際結婚した後にかかる費用

無事にイイお嫁さんが見つかって国際結婚したとします。
国際結婚後にもかかる費用があります。
この費用もきちんと理解した上で国際結婚しなくちゃなりません。

◎タイ女性の実家への仕送り
◎里帰りのための費用
◎日本語学校に通う費用

ざっと考えるとこういった費用でしょうか。

仕送りについては婚約前に明確化しておくことが重要です。

結婚後に夫婦間で金銭トラブルになりかねないので、国際結婚相談所のアドバイスを元に
金額を明確にしておくことが大切です。

 

他には奥さんへの小遣いなどもかかりますが、
これは日本人同士の結婚と同じで、夫婦間の取り決めになることでしょう。

日本人女性と結婚した場合にもかかるケースもあれば、
夫婦別々の財布として各々が仕事するということでやりくりする家庭もありますね。

 

タイ女性の実家への仕送りについて

タイ国際結婚で日本人男性側の理解が必要になるのが仕送りです。

これは絶対ではないようですが、タイ人というのは家族を大切にする文化があり
自分の親の面倒を見るのが当たり前という価値観があります。

そのため、比較的裕福な日本人男性と結婚するんだから、
仕送りしてもらうことは当然のことと考えるタイ人女性が大半です。

 

「いやいや、相手女性と親への仕送りなんてしたくない。」

 

こういった考えの人は国際結婚には不向きです。

奥さんの大切な家族へ多少の仕送りは当然と考えなくちゃダメでしょう。

 

上述したようにタイ女性は両親を大切にするのが当たり前と考えるため
両親のために仕送りできないとなれば、心が離れていってしまう恐れもあります。

愛する妻の両親を大切にしてあげる広い気持ちがないとダメです。

 

家族を大切にするタイ人女性だから

自分の親を大切にするタイ人のため、夫の両親の面倒も積極的に見てくれます。
今のご時勢、日本人女性なら親との同居を快く思ってくれる人は少ないです。

タイ人女性なら婚約の段階から同居アリキでお見合いしても問題ないです。
全員がOKとはならなくても、親と同居することに抵抗ない女性が絶対に見つかるはずです。

 

では、具体的に仕送り費用はいくらなのか!?

毎月3万~5万円程度です。

 

仕送り金額については、絶対に婚約前に明確化しておくことと、
そのお金自体も夫が100%払うのか、妻がパートなどして払うのか
決めておくと良いでしょう。

何も夫側が全ての金銭的負担を負わなくてはならないということではなく、
妻も日本語覚えて会話できるようになれば、パートなどするケースも多いです。

 

日本語学校へ通う費用

タイの女性はほとんど日本語NGです。

たまに日系企業で働いている女性もいて、片言OKな人もいますがあまり期待しないほうがいいです。そのため、婚約したらタイにある日本語学校へ通ってもらい、日本語学習をスタートさせます。できれば日本来日後も日本語学校へ通わせてあげたほうが良いでしょう。

 

費用はコースによってバラつきありますが月に1万円~数万円です。

 

里帰りの費用

奥さんが1年に1回とか数年に1回は里帰りしたいはずです。
旅行かねて一緒にタイへ行くのもよいですし、奥さんだけで里帰りするのもあるでしょう。
その際に航空券代などかかってきますが、バンコクへの往復費用は10万円以内です。