タイ国際結婚のデメリットについて

やっぱりタイ国際結婚ということでそれなりのデメリットがある。
婚活する前に知っておきたいデメリットについて考えてみたいと思います。

前提条件として結婚ということで、自分自身の気持ちを整理しなくちゃならないのは当然です。結婚して全て100%納得の大満足の女性をお嫁さんに迎えることは絶対に無理です。なんらかの妥協なりが強いられるのが結婚です。このことを踏まえてうえでデメリットについて触れたいと思います。

婚活にかかる費用が高い

まずタイ女性をお嫁さんとして探す上でのデメリットです。

婚活費用がべらぼうに高いです。

通常の日本にある結婚相談所に比べて費用が数倍かかってきます。

 

費用を比較

日本の結婚相談所費用の相場・・・30万円前後
タイ国際結婚相談所費用の相場・・・100万円~150万円

単純比較で3倍~5倍の費用がかかります。

これは婚活する側からするとかなりのデメリットです。

お見合いへの壁がかる

タイ女性とお見合いするためには、バンコクへ行かなくてはなりません。
日本人とのお見合いでも遠距離の人に会うこともあるでしょうけど、せいぜい新幹線移動です。

一方、タイ国際結婚の場合、飛行機でバンコクへ行くのが通常です。1日では到底お見合いすることはできないため、2~3日の日程でお見合いへ行くことになるため「壁」があります。

よほど本気度が高くないと、お見合いへ踏み切ることができません。

また、費用的にも航空券・宿泊費などかかってきます。

結婚相手が見つかった後のデメリット

イザお見合いして婚約したい女性が見つかったとします。
その後にも国際結婚ならではのデメリットがあるのです。

婚約後のデメリット

◎相手女性は日本語NGな人がほとんど
◎結婚式はタイ現地で行うのが通常のため、日本とタイで2回やるケースも
◎女性の親御さんへの支援が必要
◎文化の違いがある

結婚式については大切な娘さんをお嫁さんとしてもらうわけですから、タイ現地で結婚式を挙げるのが通常となります。その際にかかる式代は当然ながら男性が持つことになります。日本の結婚式ほど豪華にやるわけではないため、さほど費用はかかりません。せいぜい数十万円です。

タイ国際結婚する男性の場合、自分の家族だけ招いて日本でも披露宴だけやるパターンもあるようです。このあたりは本人次第です。

その他、女性の実家への支援が必要であってり、文化の違いによる結婚生活が難しいという点は想像通りでしょう。

 

じゃあ、結果としてタイ国際結婚はどうする!?

国内婚活で全然いい人が見つからない!
このまま一生独身で終わるのは嫌だ。とにかく若くて性格の合う女性を探したい!

こういった気持ちが強い人は多少のデメリット覚悟で国際結婚へGOすれば良いでしょう。

 

いやいや、普通に考えて国際結婚なんて無理だ!

このように考える人は国際結婚はパスすべきです。中途半端な気持ちで女性を迎えるのは絶対に避けるべきです。他人の目や多少の壁を乗り越える自信がない人が国際結婚してもあっという間に離婚という道へ進んでしまいます。

まとめ、以下のデメリットを覚悟できなきゃ無理!

◎婚活費用が高く結婚生活スタートするには300万前後かかる
◎奥さんの両親を面倒みる気持ちが必要(仕送りがある)
◎日本語学校へ通う必要がある。その費用を工面しなくてはならない
◎食生活、文化の違いがあるため包容力・柔軟な考え方が求められる
◎婚姻後も国際結婚ならではの壁がいくつも待っている

その他にも結婚生活がスタートすれば理解出来ない部分など多々でてきます。
これらのことを全て前向きに考えられるメンタルでないと国際結婚は難しいはずです。

ただ、50代や60代の男性が日本人女性をお嫁さんに迎えようと思えば、ほとんどの人は年下の女性と結婚することは難しいです。タイ国際結婚ならそれが可能なので、相当な魅力ある選択肢であることに違いないです。